気まぐれ、時々趣味な超・不規則日記

インターネット古書店『USED BOOKS Net Garage』の店主が、気まぐれで、不定期に更新するブログです。

ガンプラ制作は楽しい

f:id:USEDBOOKS-Net-Garage:20180521210726j:plain

f:id:USEDBOOKS-Net-Garage:20180520212102j:plain

f:id:USEDBOOKS-Net-Garage:20180520152350j:plain

f:id:USEDBOOKS-Net-Garage:20180520115407j:plain

ここ最近(半年前位から)、何故か“ガンプラ”にはまっています。世代的には完全に“ファーストガンダム”世代なのですが、当時テレビでアニメが放映していた時は、何となく観ていたのですが、毎週欠かさず観ると言う程ではありませんでした。

 あれから数十年後…。何故か急に“ギャン”が作りたくなり、早速購入し制作したのですが、これがもう凄い。動く動く。当時の“旧キット”と呼ばれている物とは、比べものにならない程凄い進化を遂げていました。当時、近所の模型屋に発売日初日にガンプラ(多分ズゴック)を買いに行った記憶があります。即完売していたのを今でも覚えています。欲しいガンプラは直ぐには手に入らず、注文しても全く再入荷しませんでした。

 何故今頃になってガンプラ制作にはまってしまったのかは、自分でも良く分かりませんが、簡単に一言で表すと“達成感”でしょうか。それと、ガンプラは自由ですからね。自分のガンプラ制作はシンプルで、素組み、スミ入れ、部分塗装、つや消し、デカール貼り程度です。改造目的で購入するキットも有りますが、基本はテキトーです。

 上手に制作するモデラーさんらと比べると、素人同然です。ですが、自由なのです。ガンプラは。しかし、バンダイさんの技術の進化には驚くばかりですね。凄いです。

基本は1/144のHGを制作しているのですが、“RG”や“MG”も何体か購入していて、時間と、覚悟がある時に制作したいと思っています。まず今はHGの積みプラを崩し、制作し、修行の日々です。