気まぐれ、時々趣味な超・不規則日記

インターネット古書店『USED BOOKS Net Garage』の店主が、気まぐれで、不定期に更新するブログです。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

f:id:USEDBOOKS-Net-Garage:20180603000707j:plain

2018年6月29日(金)公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ですが、アメリカで公開後の興行成績が振るわなかったと話題になっていました。

期待外れだとは言っても、他の映画から見れば十分過ぎるオープニング成績(約1億300万ドル)を記録しています。最近、スター・ウォーズ関連の映画が多く公開されていますが、昔は待ちに待った感が有りました。これからも公開予定の作品が待っていますよね。まぁ人気キャラの“ハン・ソロ”なので、多少観客の目も厳しくなってしまうのかも知れません。

このハン・ソロのスピンオフが制作決定となった時のハリソン・フォードの心境が気になりますが、それ以上に若き日のハン・ソロを演じる事となった、オールデン・エアエンライクの心境も大変気になります。当時のハリソン・フォードに多少寄せてきているのは見て分かりますが、余り顔自体が似ていない為、個人的にはそれっぽく見えません。横にあの大きな“チューバッカ”が立っているので、あぁそうなんだなぁって感じです。

やっぱり何でも“顔”って重要だと思うのですが…。